叶えたい理想の家

わざわざリフォームを選ぶのは何故?

自分で土地を買って、ハウスメーカーと相談しながら、新築で理想の家を建てることもできるのに、どうしてわざわざ中古物件を買ってリフォームする形を選ぶのでしょうか。
一番大きいのはコストの問題ですね。
完全な注文住宅だと、それだけで値段は一番高いものになりますし、こだわりの間取りを特注すれば、果てしなくコストがかかってしまいます。
基礎や骨組みは変えることなく、間取りや収納といった生活空間にこだわる事で、コストも抑えることができ、理想のお家ができるわけです。
また、すでに建っている家ですから、外観が周りとの調和を乱すこともありません。
パッと見はちょっと古そうでも、中は新しくきれいですから、安心して住むことができますね、。

理想のお家にしたい

例えば、注文住宅よりも値段が抑えられる建売住宅は、間取りがすでに決まっています。
メーカーやその時の流行りなどで、何階建てなのかや間取りはほぼ同じようなモデルになっています。
そうすることでデザインにかける時間とコストを減らしているわけですね。
すでに出来上がっているものですから、簡単に動かすことができません。
本当はキッチンはこうしたかった、玄関はこっちが良かったなど、反映しようとすると時間とコストが大幅にかかってしまいます。
自分たちだけの特別な空間にしたい、と考える人が多いわけですから、理想的な家にこだわるのは当然の事です。
結果的に既存の家を購入して、中を住みやすく変えるという方法を取るわけです。


PAGE TOP