多様な薬
手の上に乗せる

日本製の優良で良質な人気の精力剤が紹介されています。精力剤を使いたい人にはうってつけですよ。ぜひご利用ください。

前向きなED治療をするなら最適な治療が期待できる医薬品を活用することが大切です。まずは専門クリニックに相談してみましょう。

精力剤とは、一般的に男性の性機能増強を目的とした薬品、及び食品のことである。
精力剤は大きく分けて、医薬品とその他の食品(サプリメントや健康食品など)に分けられる。

医薬品の精力剤は、その有効成分に、医学的な薬理効果があることが認められている。
また、その他の食品として販売されている精力剤は、その効果が医学的に薬理効果が証明されていない場合がある。

精力剤には、医学的に認められた成分が入っている場合があり、テストステロン、ストリキニーネ、ヨヒンビンなどの成分が入っている場合には、第一類医薬品となり、販売は薬剤師だけとなる。

また、精力剤はその成分に自然由来のものを含むことがあり、その範囲は動物から植物、金属に至るまで幅広く使われている。
主なものとして、ガラナ(植物)、高麗人参(植物)、冬虫夏草(菌類)、マカ(植物)、マムシ(爬虫類)、等がある。

動物、植物、菌類の有効成分を抽出し、エキスにして製品に利用されている。
値段により、精力剤の中に入っている成分も大きく変わってくる。

精力剤は、女性用のものもあり、この場合「媚薬」と呼ばれる。
男性の精力剤と違い、女性用の精力剤は、性感を高めるために開発されている。このことから、女性用精力剤は、男性用と大きく違う。

成分としては、男性用の精力剤と似ているところが多い。
また、女性用精力剤は、その商品の形状として、飲み薬タイプや液体タイプ、また局部に塗布するタイプのものがある。

概要

タブレットを飲んでいる

EDとは勃起障害の事で、英語である(erectile dysfunction)の略語である。
日本性機能学会の定義としては、成功時に満足な勃起が出来ず、満足な性交が出来ない。または通常性交の75%以上の確率で性交ができないということである。

日本での勃起障害患者数(ED患者数)は1100万人ほどいると言われ、カップルの男性約30%がEDだと言われている。
また、男性のEDが、不妊に繋がっていることも調査により判明してきている。

ED専門の治療ができる医院もある。

EDの要因として、加齢があげられる。一般的に勃起障害(ED)は中年以降に起きやすく、若年層では起きにくい。
加齢により、勃起に必要な血圧、血流量が衰えてくるからである。

また、糖尿病や動脈硬化も、EDを進行させる一因となることもある。

過度の緊張とストレスによるEDもあり、特に30歳代、40歳代のEDの原因の一つとして存在している。

ED(勃起障害)の治療法は、現在では投薬治療が一般的である。

特に心因性の患者や、高齢の患者には、投薬治療が使用されることが多い。
また、心因性の患者の場合、心理カウンセリングのみで回復する場合がある。

末梢神経や神経伝達に障害がある患者の場合、「陰圧式勃起補助具」という器具を使う。
この場合、陰茎にシリンダーを被せ、その後陰圧にすることにより勃起状態とさせる。
陰圧式勃起補助具の場合、すべてのED患者に使えるという利点を持ち、投薬治療ができない患者にも使える利点がある。

効果

ビンの蓋を開ける

勃起薬の成分は大きく分けて、シルデナフィルとタダラフィルである。
シルデナフィルはもともと心臓病の治療薬として開発されたが、のちに勃起不全を治療できることが確認でき、現在では、勃起不全を治療する薬として認可されている。

また、シルデナフィル、タダラフィル両方共に性器に対しての血流を増やすことが主な効果であり、性的な快感には作用しない。
1998年に日本で発売後、この薬を使用した死亡事故が発生し、安全対策として、現在では医師の診断、処方箋が無ければ手に入れることができなくなっている。

勃起薬のメカニズムとしては、成分中の分子が、陰茎周辺のNO作動性神経に作用し、血管を拡張することで陰茎への血流量が増え、結果的に陰茎が勃起する。

また、勃起薬は、陰茎への刺激が無ければ勃起することが出来ない。
勃起薬は、男性の精液を増やす効果はなく、使用したといって、精液が増えることはない。
勃起薬の成分は、肝臓で代謝され、代謝された成分は糞や尿として排泄される。

肝臓で代謝される時間は、シルデナフィルとタダラフィルで異なり、その時間の差が勃起薬としての効果にも現れる。
勃起薬には、他の薬と併用すると、副作用が出現することがある。
ニトログリセリン等、硝酸系薬剤との併用は禁忌であり、使用した結果、血圧の急激な低下などが起こり、最悪の場合死に至る。

しかし、勃起薬単体の使用としては、医師の指示通りにすれば副作用は起ることはなく、逸脱した使い方をしなければ、安全に使うことが出来る。

バイアグラ

薬の効果がある

バイアグラとは、1998年にアメリカで販売が開始されたED治療薬である。ファイザー製薬により日本でも販売が行われており、有効成分であるシルデナフィルの含有量に応じて25mg、50mg、100mgが扱われている。しかし、欧米人と日本人の体格の差やそれに伴う副作用のリスクなどの面から、日本国内でのバイアグラ100mgの取り扱いは行われていない。

本来は狭心症の治療薬として開発されたが、狭心症ではなくEDの改善に効果を発揮した。そのため、ED治療薬としての開発にシフトしたという経緯を持つ。


人体の持つ勃起抑制酵素であるPDE5の働きを阻害することで、勃起を促す効果を持つ。強制的な勃起を行うものではないため、服用後性的な興奮を得なければ勃起することはない。

性行為の1時間ほど前に服用することで、5時間ほどの効果が得られる。空腹時の服用であれば服用後30分程度で効果を表すが、食事と共に服用した場合には効果の発現が遅れたり、効果が弱まる場合もあるためなるべく空腹時の服用が望まれる。服用すると殆どの場合で目の充血やほてりなどの副作用が見られるが、これは血管の拡張によるものである。

Copyright© 2015 EDには精力剤と勃起薬で挑む. All Rights Reserved.

Design by W3layouts

このエントリーをはてなブックマークに追加